立っていると足の裏が痛い人必見!正しい立ち方で重心を改善する方法!

悩む人
立ちっぱなしが辛い。辛くない、楽に立てる方法ないかなぁ

こんにちは、斎藤かずまです。 今回は、稼ぐために正しい立ち方についてご紹介します。

こんな人におすすめ
長時間立っていても疲れない立ち方が知りたい!

足の裏の痛みを軽減したい!

そんな人は是非ご確認ください。

 

僕もよくスタンディングデスクを使って立ちながらアフィリエイトやブログの記事を書く仕事やっているんですが、足が痛くなって結局は座って作業しちゃいます。

でも一日中立っていられる人もいるんですよね。

あのメンタリストDaigoさんは、基本的に1日立ちっぱなしなんだそうです。

仕事部屋には椅子がなく常に立ちっぱなし。

食事も一人の場合は立って取ることが多いくらい立ちっぱなしだそうです。

 

そんな立ちっぱなしな人を知って、私も基本立ちっぱなしになって良い仕事がしたい!

正しい立ち方で長時間立っていられる方法を調査して実践しましたところ効果が見られたのでこの度紹介します。。

 

①立っていると足の裏が痛い人の原因は「重心」にあった

①立っていると足の裏が痛い人の原因は「重心」にあった

立っている時足の裏あたりの土踏まずらあたりが痛くなったなりしませんか。

そのときは重心がどこに傾けていたのかチェックしてみてください。

もしかしたら、あなたは立っている時、重心をつま先に傾けていませんか。もしくはかかとにかけたりしていませんか。

 

前に傾けたり後ろのかかとにかけたりすると足の裏はバランスが偏るので足が痛くなりやすいです。

 

そのため、おすすめの立ち方は土踏まずとかかとが接する部分を重心として、足の裏には体重をかけて立つことがおすすめです。

 

もっとも疲れない立ち方がこれ!

筋肉の稼働を最小限にして骨で立つ立ち方なんです!

参考になった動画がこちら!

立っていると足が痛くなる理由は筋肉が原因だった

立っていると足が痛くなる理由は筋肉が原因だった

なぜ立っていると足の裏が痛くなるのか。

それは筋肉が同じ姿勢でいることによって筋肉が硬くなります。

筋肉が固くなる事によってカラダが痛みを出してきます。

その結果って極端に姿勢が悪くなる猫背になったり、カラダを反ったります。

なので、できるだけ、筋肉を使わない。もしくは少し動いたほうがいいんですね。

ではどうやったら筋肉を使わずに立つことができるのか。

 

それはとっても簡単です。体全体の重心を一直線にすればいいんです。

どういうことかというとあらゆるもの、例えばペットボトルやゴミ箱を立たせようとする場合、一直線にすることで立っていますよね。

ペットボトルやゴミ箱を少し斜めにしたら・・・倒れてしまいます。

人間は少し斜めにした時に支えるのが筋肉です。

 

なので人間は、重心が1直線でなくても筋肉が支えてくれているから人間は立っていられるんです。

では、人間が重心を1直線にできたら・・・筋肉の負担が減って長く立つことができる!というわけです!

 

②正しい立ち方重心の改善方法

重心を1直線にする正しい姿勢の立ち方は、これ!

足の内くるぶし・骨盤・肩・耳が縦に一直線に並んだ状態が正しい立ち方となります。

足と足の間を拳1個ほど開けて立ちます。

足の向きは、少しだけ外側に向けましょう。

重心は内くるぶしの真下にかけるように意識します。

足の内くるぶしとは、足の付け根付近にでっぱりってありませんか。

そこが内側と外側にでっぱりがあると思いますが内側になる方が内くるぶしです。

内くるぶしの真下に体重をかけらてたら次は体重のかけ方です。

だいたい体重がつぎのように割り振られるといいといわれています。

つま先側に体重が3、かかと付近に体重が7

コレが理想的な体重のかかり方です。

 

また足の裏に重心がかからないよう注意しましょう。

 

③正しい立ち方を維持する方法

③正しい立ち方を維持する方法

では、立ちっぱなしの状態で少し疲れてきたなと思った人に立ち方を簡単に動く方法をご紹介します。

それは深呼吸です。

深呼吸で息を吸う時、②の正しい立ち方重心の改善方法を意識します。

そして、息を吐く時、楽な姿勢ではいてみましょう。

深呼吸は4秒すって4秒止めて④秒で吐くといった流れがおすすめです。

 

④足の裏が痛くなったときはストレッチをしよう

④足の裏が痛くなったときはストレッチをしよう

足の裏が痛くなった時簡単なストレッチで痛みを解消しましょう!

最も手軽なのは、テニスボールやゴルフボールといったもので、筋肉が骨にくっついている部分をマッサージするのが効果的です!

片足あたり20秒くらいが目安です。

コチラは動画を見たほうが楽なので、おすすめな動画をご紹介します。

 

続いて、アキレス腱も伸ばすストレッチもしましょう。

上記の動画でも紹介されていますが、体育とかでよくあるアキレス腱のストレッチです。

片方の足を前に出して、後ろの足の膝を伸ばしてふくらはぎをストレッチします。㉚秒ほど

続いて今度は後ろの膝を曲げて㉚秒ほどキープします。この時かかとは付けた状態にしてください。

これはアキレス腱が硬い方や足が疲れやすい方におすすめな動画です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

足の裏の正しい体重のかけ方や姿勢についてご紹介しました。

立っているとき足の裏が痛いな。

と思ったら

正しい立ち方と重心を意識してみてください。

きっと今よりもっと楽に立つことができるはずです。

 

私は、毎日立って、ブログやアフィリエイトの記事を書いています。

座るより立つほうが作業効率がよいからです。

あなたももし、立ちながら仕事をしているなら理想的な立ち方を学んで作業効率上げて成果を出しちゃいましょう!

 

スポンサーリンク
斉藤かずまのLINEアカウント開設しました。

LINEアカウントを開設しました。 アフィリエイトに関するお得な情報をご紹介しております。  登録いただいた方限定で、 副業・アフィリエイトに関するあなたの悩みを おひとつ無料で回答させていただきます。

LINEアカウントを開設しました。
アフィリエイトに関するお得な情報をご紹介しております。

新規ご登録いただいた方限定で、副業・アフィリエイトに関するあなたの悩みを、おひとつ無料で回答させていただきます。

副業で悩んでいる方はぜひご利用ください!

お友達登録方法

PCの方
スマホでQRコードよりアクセスしてください
LINEアカウントを開設しました。 アフィリエイトに関するお得な情報をご紹介しております。  登録いただいた方限定で、 副業・アフィリエイトに関するあなたの悩みを おひとつ無料で回答させていただきます。
SPの方
下記のボタンよりアクセスしてください

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事