タグとカテゴリーはSEO的に違いがあった!おすすめの使い分け方法

WordPressで投稿編集すると右側に必ずある「カテゴリー」と「タグ」!

 

WordPressでブログを始めたころの私は、よくわからずとりあえず沢山あればいいでしょ!」

 

と思い適当に「カテゴリー」も「タグ」もは3~4個つけてたかずまでっす!!

 

でも、これは間違いなので絶対にマネしないでね(笑

 

こちらでは、「カテゴリー」と「タグ」の本来の正しい使い方とSEO的に違いをご紹介します。

こんな方向けの記事
「カテゴリー」と「タグ」の違いについて説明できない方
SEOを意識した「カテゴリー」と「タグ」使い分け設定をしたい方

「カテゴリー」とは

「部類・分類・ジャンル」のことです。

「部類・分類・ジャンル」のことです。

 

例えば、サッカーや野球は「スポーツ」という「カテゴリー」に属します。

 

それぞれを「カテゴリー」分けすることで、ユーザーにとっての読みやすいサイトになります。

 

Googleは、ユーザーが使いやすいことに対してとても評価しています。

 

そのために、正しく「カテゴリー」を分けることはユーザーにとってよい影響を与えるものなのでSEOの評価が上がります

 

ここで一つ気になるのが、正しく「カテゴリー」を分けるとは・・・

 

・・・・

 

・・

 

 

どうやったらいいかよくわからないですよね。

 

どうやって「カテゴリー」分けしたらいいかそのやり方もご紹介しちゃいます!

 

「良いカテゴリー」を分けるには「LATCH法」がおすすめ

「良いカテゴリー」を分けるには「LATCH法」がおすすめ

「LATCH法」とは、場所や時期といった情報を分類する方法になります。

 

LATCHは以下の5種類の分類方法の略です。

 

読み方
意味
Location 場所(ロケーション) 位置による分類 地図や住所
A Alphabet(アルファベット 名前による分類日本語では五十音 辞書や電話帳
Time(タイム) 時間による分類 カレンダー
Category(「カテゴリー」) 種類による分類 本屋のキッズコーナーとアダルトコーナー
Hierarchy(ヒエラルキィ) 階層やレベル感による分類 新聞の紙面

 

この5つのやり方を使えば分けれないものはないと言われています。

 

ぜひこの5つを使ってみてください。

「タグ」(タグクラウド)とは?

「良いカテゴリー」を分けるには「LATCH法」がおすすめ

「タグ」は、記事の内容をあらわすキーワードのことを指します。

 

あなたがその記事についてメインとなるキーワードを入力します。

他の記事でも同様に同じキーワードを入れることでそのキーワードだけで作れらた「タグ」の一覧ページが作成できます。

 

ただし、そのキーワードで分類された「タグ」分けが1記事しかない場合もあります。

 

そうなった場合、果たしてユーザーにとって「タグ」を付けることは良いことか。

 

とGoogleが考えた結果「タグ」に関してはSEO的には重視しないことになりました。

 

なので結論としては、「タグ」は必要ありません。

 

 

 

私が「タグ」を使うときって「youtube」「FC2動画」といった動画を見るときは、よく使っているなと感じました。

 

それ以外で「タグ」は・・・つかっていません。

 

もし、色んなあなたが動画を使ったサイト(ブログ)をはじめるなら「タグ」は使ったほうがいいかもしれません。

 

 

2013年頃の「タグ」は、関連するキーワードをいつも入れてればSEO的に効果がありました。

ただ、今はもうSEO的な効果はなくなってしまいました。

 

なので無理に「タグ」は使う必要はありません。

 

「カテゴリー」と「タグ」の違い それぞれいくつまで入れられる

「良いカテゴリー」を分けるには「LATCH法」がおすすめ

「カテゴリー」は1つの記事に対して1つだけ設定

2つ以上「カテゴリー」を選ぶとSEOの面でマイナス評価になる為やめましょう。

 

「タグ」の数は最大2つ

「タグ」も細かく分類しすぎて分かりにくくなります。

 

まとめ

「良いカテゴリー」を分けるには「LATCH法」がおすすめ

「カテゴリー」も「タグ」も目指すところは、読み手の方に役立つ為の設定であります。

 

それを追求すれば「カテゴリー」も「タグ」もどちらも使っても大丈夫です。

 

一般的には「カテゴリー」も「タグ」を使い分けするとすると次のようになります。

 

  • 「カテゴリー」は、1記事あたり1つ入れる
  • 「タグ」は、特に設定しない

 

またSEO的には「カテゴリー」のみ効果がある。「タグ」はSEO的には効果がない。

 

以上のことから「カテゴリー」はしっかりと1記事当たり1つ入れましょう。

 

「タグ」は、特に設定せず、後日まとめ記事を作るという方法でよいです。

 

以上が「カテゴリー」と「タグ」の違いとオススメの使い分けでした。

 

あなたのブログでは、「カテゴリー」と「タグ」をどういった設定にするか決まりましたでしょうか。

 

ユーザーへの為にやった設定ならきっと良い評価を受けられるはずです。

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク
隙間時間でアフィリエイトで20万稼いだ方法を教える無料メルマガ♪

斎藤かずまの無料メルマガ講座では副業ブログで稼ぎたいと考えている人に大変評判のメルマガです。

 

他のメルマガとの違い

サラリーマン独自のよくある時間のない悩みから解放されて稼ぐ方法

サラリーマンだからこそ本業を活かして稼くやり方

WEBに全く詳しくないサラリーマンを褒めて伸ばすのが私のブログです。

 

僕が5年以上積み重ねた作業記録や思考を伝えることでまずあなたに

1円稼いでもらいます。

そのあとはメルマガをしっかり読んで行動してくれれば

1万円、3万円、5万円とステップアップして稼ぐことが可能です。

 

サラリーマンに読んでもらいアフィリエイト情報満載のメルマガ!

特にブラック企業に務めている人に読んでもらいたいかも。

私もブラック企業勤めで体崩してやめたので、ホント副業で稼げるようになってお金に余裕ができたり自信がついてからホワイト企業に転職するなりしてほしいと思います。

今なら無料プレゼント配布中!最新情報もGET!

<メルマガ登録は2STEPで完了>

  1. 「名前」「メールアドレス」の2点を入力
  2. 「送信」ボタンを押して完了

プレゼントは登録後すぐにGETできます。

無料メルマガ登録はこちら

名前 姓     名 
メールアドレス

  • Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事