ユーザーが何度もサイトに訪れると売れる理由は?心理学的に徹底解説!

ユーザーが何度もサイトに訪れると商品やサービスが売れる理由を心理学的に紹介します。

 

サイトやブログのアクセス数が増えると嬉しいですよね。

 

アクセス数が増えたり、サイトのリピーターとなってくれる人が増えると、実は商品やサービスは売れやすくなるんです。

 

その理由は、何度も見たり聞いたりすると次第に警戒心がとけて、良い感情が起こるようになってくるからです。

この効果を「認知心理学」のひとつザイアンスの法則と言います。

ザイアンスの法則の由来

ザイアンスの法則の由来は、ザイアンスという方が、この法則を編み出したため、「ザイアンスの法則」とも呼ばれています。

日本では、別名「単純接触効果」といわれ、繰り返し何度も接触している人やモノに対して、信頼度が増して好感度が上がる法則となっています。

 

ザイアンスの法則を使った例

一番身近なのが、学校!

学校だと入学式は、みんなどんな人なんだろうと警戒してたりしなかったでしょうか。

でも、日が立つごとに、いつの間にか気の合う仲の良い友だちやグループができてたりしませんか。

 

 

早朝の朝ドラや早朝のニュース。

毎日、アナウンサーやその俳優を見ていると、最初はきにしてなかったけど、好意がどんどん増していったりします。

 

番組のドラマやアニメ・漫画も同様です。

最初は、全く興味がなかったけど、1話目みてみると面白くて2話3話見ていくうちに好感度は増します。

 

商品購入だと、Amazonや楽天などは、毎日訪問したくなるような施策を取り入れています。

Amazonは、日替わりで特価商品を紹介したり

楽天は、毎日ポイントが貰えるかもしれないゲームを用意しています。

 

毎日訪問させることで、そのサイトへ抵抗感をなくているんです。

 

ザイアンス効果の限界

ザイアンス効果は、何度も見たり触れたり接触することで、警戒心を解き良い関係を気づくことができます。

 

でもそれには限界があります。

 

ザイアンス効果は、警戒心を解かれるだけでそれ以上は、正直相性や好みによって異なります。

 

なので、100回会うも1000回会うのも、ザイアンス効果という点では正直変わりません。

学校や会社でも、何回も顔を合わせてもどうしても気があわない人っていますよね。

そういった人には、何度接触しても好感度は変わりませんのでご注意ください。

 

まとめ

もし、あなたが、サイトやブログを作って売上を出したいなら、毎日、もしくは定期的にユーザーがアクセスしたくなるような記事を作りましょう。

 

例えば、「今日の占い」とか。

はたまた、「料理上達のステップ講座」とかでステップごとに紹介していれば読者は定期的にアクセスしてくれるでしょう。

 

定期的にアクセスしてもらえるサイトづくりを是非一度考えて見てください。

 

 

スポンサーリンク
隙間時間でアフィリエイトで20万稼いだ方法を教える無料メルマガ♪

斎藤かずまの無料メルマガ講座では副業ブログで稼ぎたいと考えている人に大変評判のメルマガです。

 

他のメルマガとの違い

サラリーマン独自のよくある時間のない悩みから解放されて稼ぐ方法

サラリーマンだからこそ本業を活かして稼くやり方

WEBに全く詳しくないサラリーマンを褒めて伸ばすのが私のブログです。

 

僕が5年以上積み重ねた作業記録や思考を伝えることでまずあなたに

1円稼いでもらいます。

そのあとはメルマガをしっかり読んで行動してくれれば

1万円、3万円、5万円とステップアップして稼ぐことが可能です。

 

サラリーマンに読んでもらいアフィリエイト情報満載のメルマガ!

特にブラック企業に務めている人に読んでもらいたいかも。

私もブラック企業勤めで体崩してやめたので、ホント副業で稼げるようになってお金に余裕ができたり自信がついてからホワイト企業に転職するなりしてほしいと思います。

今なら無料プレゼント配布中!最新情報もGET!

<メルマガ登録は2STEPで完了>

  1. 「名前」「メールアドレス」の2点を入力
  2. 「送信」ボタンを押して完了

プレゼントは登録後すぐにGETできます。

無料メルマガ登録はこちら

名前 姓     名 
メールアドレス

  • Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事